見事イフリートをイフリートした初心者の熱き軌跡!!!

Shiro Masiro 2018_03_14 00_20_37

いや参ったなぁ・・・



冒頭から申し訳ないのですが、私は絶賛窮地においやられていました。

内心流れ出る冷や汗が表情からも滲み出るように、頬からは脂汗がだらだらと流れていくのが自分でも分かります。

確かに場所的にもかなり気温が高い空間ではありますが、私に伝うこの多量の水分はそれだけが理由でないのは明白です。













Shiro Masiro 2018_03_14 00_21_10

私の周囲の人々は、今の体感温度に呼応するかの如く気分も高まり、かなりの盛り上がりを見せている様子。

逆に私はといえば、心臓を鷲掴みされたかのような緊張で生まれたての子ジカのように膝をがくがくと震わせている有様。しかし精一杯のポーカーフェイスでそれらを悟られまいと気丈に振舞うことで、なんとか立っているだけの状態です。

非常に危険な状況であることは言うまでもありません。










ここは人間と敵対するアマルジャ族陣営の拠点のど真ん中。

そしてこれからこの場所で、今まさに私を含めた多くの人間たちを生贄に捧げ、彼らの崇める神イフリートが召喚されようとしているのです。

・・・が、それは別にどうでもいいです。
















Shiro Masiro 2018_03_14 00_20_45

私これめっちゃ浮いてない?



いや参ったなこれー!

こんなことなるなんて思ってなかったからさー、おもいっきり部屋着みたいな格好でこの緊迫したイベントに出席しちゃったよー!!













Shiro Masiro 2018_03_14 00_21_26

裏切りものたちの末路とかなんかこう物語はいい感じにボルテージ上がっちゃってるのに隣に立ってる私セーターにスカートですよ。

まずったわこれー。カンペキ私の格好がこのシリアスな空気ぶち壊しちゃってるもん。

当日は貴方らしい自由な服装で起こしくださいっていう文章鵜呑みにして私服で会社の面接に来たら私以外全員スーツだったみたいなそーいう疎外感感じるよこれー。

私のアツイいメインクエストが私によって台無しになってしまった・・・。













Shiro Masiro 2018_03_14 00_20_56

あーあーそんでなんかハイパーかっこいい演出と共に出てきたよイフリートさんが。

お出まししちゃったよー。絶対怒ってるわこれー。

当社比1.45倍くらいは怒ってるわこれー。だってツノの角度いつもと違うもん。なんか今日のは心なしか垂れてる感じするものー。ちょっとナーバスな空気でちゃってるものー。














Shiro Masiro 2018_03_14 00_22_29

なんやかんやあって戦うことになる宿命の二人。

私が部屋着であること以外は最高に文句のない演出です。見ていて気持ち高ぶる、これからの戦いを想起させるような迫力あるイベントシーンだったと思います。

しまったなーーー!もっとファンタジーぽい服で来たかったなーーー!










という大失敗をかましてしまった、このゲームの記念すべきはじめてのボス戦。

蛮神イフリート討伐戦に参加した時のことを今回は書いて行こうと思います。








ちょっと時間を巻き戻して、このイベントに入る前。

雰囲気から多分これからボス戦だろうと察していたRPG玄人の私は、入念なる準備を進めていました。



このゲーム初のボス戦・・・。

これまで三種類のダンジョンを踏破してきた私ですが、ボス戦はどういう仕様で戦うことになるのかまったく分からない。

でもとりあえず写真は撮りたい・・・。旅の記念だし・・・。



ボス戦だって言ってるのにこの時点で私のうわついた気持ちがダダ漏れですが、そういう事情もあって急にシャキーンのヤツに入るのはあまりにリスキーと判断。

ここで以前から気になっていたパーティ募集なる機能の封を解くことにしました。



もうまさしくザ・オンラインゲームぽい!って感じの機能で前々からかなり気になってたんですが、なかなか使う勇気が今一歩踏み込めなかったんですよねー。

見ても未開放コンテンツってのが鬼のように並んでるだけだしちょっと萎縮してしまって。

今こそ使う時。











3Zab8V0_3Qgb5Ay1521054717_1521054756.jpg

これがパーティ機能の募集要項。

なんかよくわかんなかったので右のほうとかかなり適当にしちゃってますが多分これで大丈夫でしょう。ぽちー。

そうして待つことなんと5分くらいでお集まりいただきました!速い!



挨拶をかわして、いよいよボス戦に突入します!うおおおなんかすごいオンラインゲームぽいぞー!

めちゃ燃えてきたー!!















d9ecIBpFhwSaWme1521055097_1521055147.png

※ここからは私がイフリート戦でめっちゃチャットで騒ぎたかったけど全然そんな余裕なくて書けなかった心情をその時のテンションのままありのまま書き殴っていく感想戦の模様をお送りします。

本当はパーティ欄とかチャット欄も操作で消してスクショ撮れるんですけどもちろんそんな猶予は一切なかったので当時の私のテレビ画面そのままの映像をダイレクトにお楽しみください。
















pJyzAVJIBH7z7531521055634_1521055701.png

はじまった!なんか言ってる!

いやとにかく何はなくともバイオ!まずは毒を撒き散らすことから巴術の戦いは始まる。













kOvzK6OR0eNT3GR1521055893_1521055992.png

うおおおお何かだしてきた!爆力魔波みたいなのしてきた!!!













YB5wxWAQQ6HHHyp1521056099_1521056130.png

かまうなー!撃て撃てーっ!ルインぶっぱなせー!













jJ7Nwdw9gN3Bv_x1521056251_1521056291.png

ウワァー!!!

昭和の特撮かってくらい派手に爆薬積んできたーーー!

期せずしてめっちゃいい画撮れたわー!いや危ないわーーーー!












Wi8vsFUDHTFgJCp1521056554_1521056588.png

なんか出た!なんか出たココよ!!?













hD8eYY4GcD0OgFV1521056759_1521056800.png

あっ数字ついてる!絶対先に壊すやーつだこれー!!

うおおお急げー!!間に合わなくなってもしらんぞーーー!!













p50eLwy0GnpUree1521057032_1521057054.png

壊した!!

飛んだ!!!屋根まで飛んだ!!!












PFi6v0P1Qg4aOke1521057164_1521057188.png

帰ってきた!えっどこ行ってたの?なんで飛んだの?













K9hHFKoFtrVBmBi1521057345_1521057377.png


えーっ!!なに!?なんなの!?

何が起きるの!?ダメだったん!?さっきのじゃ遅かったん!!?














moIxdeUFAhjFk2G1521057518_1521057539.png

なになになにー!!?
なんなのなにすんのー!!
ワー!!絶対死んだーーーー!!!















VdMatAqKRAFJTEv1521057698_1521057737.png







お、おう・・・

なんかよくわかんないけど助かったーーー!














Z18vqDULFDo0HdP1521057930_1521057965.png

いけいけーーー!押し切れーーーー!!!














Shiro Masiro 2018_03_14 00_25_40

やったーーーーーーーーーーーー!!!














Shiro Masiro 2018_03_14 00_28_56

えーということで、無事完全勝利いたしました。

上記のことをチャットで書きたかったんですがまったく出来なかったことの不完全燃焼をようやくこの日記で果たすことができ









Shiro Masiro 2018_03_14 00_29_08

かばんちゃん邪魔!!

ララフェルちゃんが隠れてるでしょーが!!!

えー、果たすことが出来ました。

ただその代償は大きかったと言いますか今私はかなり満足してるんですけど読み返したらただ騒いでるだけだし編集めっちゃ面倒だしでちょっと失敗したかなと思ってる昨今です。

このために色々コンフィグ設定もいじったのですが編集の手間はそんなに変わらなかったですね・・・。

感想戦は今回で最終回になる可能性が濃厚であることをここに記載させていただきます。












Shiro Masiro 2018_03_14 00_29_39

ともあれお付き合いいただいた上私のワガママで最後写真まで撮らせていただいた皆さん、本当にありがとうございましたー!
たいへん楽しいボス戦を過ごすことが出来ました。

最後みんなで記念撮影とか私ゲームの中ではじめてやったのでかなり緊張してしまいました。

でもこれがオンラインゲームってやつなんだろうなー!絆ですよ絆!!





いやーオンラインゲームっていいものですねー!








めっちゃ楽しかったなー!!!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「ララフェルって好きだーーー!!!というノリだけで書いたお話。」のウラ。

※この記事は「ララフェルって好きだーーー!!!というノリだけで書いたお話。」の制作秘話(?)的なお話です。









OBLwIi87lkje7ZY1520823602_1520823632.jpg

この回はですねー、ララフェルのフレであるシオさんとぺちさんとでパーチーを組んで遊んでたときに行ったゴールドソーサーで、私がはじめてミニくじテンダーを当てた日のことを書いた記事ですねー。

もうとにかくマッハ嬉しくて、これ絶対ララフェルのご利益だよーーー!!ララフェルってスゲーって記事を書こう!!!と思い立って構成を練り始めたんですが、できたものは「世界まる見えテレビ特捜部のパロディをやる」というなんでそこに至ったのかよくわからない記事に・・・。



私の悪いところでもあるんですが、記事書くときって細部を全然決めてないんですよねー。やりたいネタだけを幾つか思い浮かべてて、あとは書いてるときのノリでいいやみたいなそういうテンションで毎回書いてるので、気がついたら当初思ってたネタと全然違うことになってることが多いんです。

それが私の本来持ってる以上の面白さパワーを引き出すこともあるんですが、まあ単に暴走してるだけなのでたいていはよく分からないまま完することのほうが多くて、どっちかっていうとこれもその1つですね。



特に今回の記事は私がまる見えにわかだったこともあってあまりパロとしても似せれてない部分が強くて、個人的にはちょっと悔やんでる回でもあります。もうちょっと練れたらなーーー。

本当はゴールドソーサー編だけじゃなくて悪徳商人編とか色々作ってそこでまる見えのお約束「あえなく御用となった」のくだりをやりたかったんですけど、私がどうしてもネタを考えきれなくて結局ゴールドソーサー編に全部詰め込むという強引な手段で作ったのが構成が甘くなった原因かなと・・・反省している次第であります!



あとさらに言っちゃえば「まる見え」知らない人には本当に一切伝わらないネタだったので、そこも今後に活かそうと思ってます。全編パロディは諸刃の剣!

分かってたつもりでも、人間一度ひとつの「回答」に至ると、何故だかそれにやたら固執しちゃうもんなんですよねー。他の可能性を考えてみても、強引にさきほどの「回答」に正当性をこじつけてより正しいと思い込んじゃうもんなんです。



今回の記事はいい教訓になりました。おかげで以降のイフリートさんの記事や就職の記事は個人的にもけっこう気に入ってます!

やっぱりブログや日記は人の評価というより、まず自分が読んでて楽しいかどうか!というのが一番重要だと私は思うんですよねー、まる見え回は書いてたときパロディ再現にけっこう苦戦しててめちょ難産だったので、そういう場合はすっぱりネタを練り直したほうがいい!!と改めて実感しました。それでもけっこう好きですけどねこの回(親バカ)












Shiro Masiro 2018_03_11 12_14_50

なんだか私の反省文ばっかになってしまってますが、記事内容はともかくこの回で一番重要なのはこの最後二枚のスクショ。

見当違いのところを探すシロちゃんの後ろではかわゆいララフェルが手を振ってくれているというこの構図がオチだというのは決まってたんですが、偶然撮影できるようなものではありません。












DY2XRrZVQAAIiS3.jpg

なのでフレンドのシオさん人呼んでシオシオをお呼びたてして撮影を手伝っていただきました!真昼間に。

そこでグループポーズなる神々の偉大な恩恵を形にしたような機能を教えてもらって、二人が同時にエモートをするという一見難しいこの構図もチョー簡単に撮影できました!!すごくないですかオンラインゲーム!!時間さえも止められる!!!

そりゃ皆さんあんなにスゴイスクショをばんばんロドストに上げてるわけですよー。どんなお高い編集ソフト使ってるんだろうと思ってたらゲームについてたとは・・・!



おかげで構図はカンペキな写真が撮れたと思うんですけど、肝心のシオシオにピントがあってなくてララフェルがややボケるという痛恨のミスショット。

あれだけ機能が沢山ついてるから多分映ってるキャラクターごとへのピント設定とかありそうですが、なにせその日はじめて神から恩恵を授かったものでまだ使いこなせておらず・・・後から気付いてシオシオに申し訳なくなりました・・・。

でもこのスクショ自体ははじめてフレと一緒に協力して撮影したスクショということでかなり気に入ってて、このブログの看板にもさせていただいてます。ピントあってなくてもシオシオは可愛い!!












DY2XU0uUMAAefk0.jpg

そのあとはシオシオが沢山金でものを言わせた課金エモートやら面白エモートの数々を見せてくれたので、その鑑賞会に。

ララフェルはなんのエモートしても似合うし、同じエモートをやってもやっぱりララフェルにはかなわないなーと思っちゃう魔力がこの小さな体に宿っているんですよ・・・。ララフェルは神秘オブララフェルは奇跡。














DY2XYBXVoAEHLxm.jpg

さて、ララフェルのかわゆい死に様を見納めしながらこの記事を締めさせていただきたいとおもいます。

つまり結論としましては・・・





ララフェルって好きだーーー!!!









私のララフェル好きの原因の8割くらいはこの日のシオシオ鑑賞会シオ(←今年流行る語尾)。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【徹底】チョコボマウントの取り方教えます!【攻略】

あのー、特にこれまではっきりと名言したことはなかったのですが。

皆さんお察しのとおり、このブログはジャンルでいうとハイパー攻略ブログです。wikiみたいなやつ。

しかもただの攻略ブログではありません。ハイパー攻略するぞという確固たる意思で揺るがぬ鋼鉄の攻略ブログです。



攻略ブログなので、当然初心者熟練者問わず全てのプレイヤーの皆さんのお役に立つ情報をお届けしていくわけなんですけど、今日は「チョコボマウントの取得の仕方」について書いていこうと思います。

すでに気になってしょうがない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

意外とチョコボマウントってどこで取るの?って知らない方、まだまだエオルゼアに多いとお見受けします。

私も知りませんでした。レベル35超えてたけど。









DYoSP0WVAAACht4.jpg

まず大前提として、チョコボマウントを取るにはなんやかんやあって「グランドカンパニー」というものに所属している必要があります。

メインクエストを進めていけば否応なく自動で加入しますのでご安心ください。労働組合のようなものです。

所属するグランドカンパニーによって発生する場所が異なるのですが、そこでとあるクエストをクリアすることで初心者でも簡単にチョコボマウントを取得することができます。

私が調べたところによると、だいたい右のほうにいる人がクエストを出しているようです。

私の所属する「不滅隊」の私設でもだいたい右のほうにいるこの画像の人からクエストが出ていました。








9D2W1v7Bo61kahP1521444046_1521444097.jpg

ちなみになんとなく重要そうなクエストは、通常の「!」マークのふきだしではなく、横に+がついている特殊アイコンになっています。

サブクエストを放置しすぎて町中のいたるところで「ああー!困ったなあ!困ってるんだよなあ今!」と何らかの訴えを熱い視線と!マークで呼びかけてきている町人たちを全力で見ないフリをして毎日気まずそうに突っ切っているものぐさ冒険者さんたちも、とりあえず「!」の横に+がついてたら話だけでも聞いてあげるといいかもしれません。

私もつい先日フレンドから教えてもらい攻略しましたこの事実を。さすがハイパー攻略管理人。日常から情報を吸収するスポンジのような向上性の化身。










DYoSHIOU0AA8tvW.jpg

クエストを受けたら、チョコボ引き換え券を各グランドカンパニーの支給官から軍票と引き換えに交換しましょう。

私この軍票ってのどこで手に入れてるのかまったく記憶にないんですけど、とりあえず8000持ってたので多分皆さんもいつのまにか鞄に入っている類のアイテムなんだと思います。粗皮みたいな。

チョコボ交換券は軍票200なので、私の場合はですがクエストを受けた瞬間に交換できました。









DYoSMEgVQAAXqBG.jpg

あとは町のチョコボ屋さんにチョコボ引き換え券を持っていけばOK!

どうです、簡単でしょう?

この簡単なことをもっと早期に気付いていれば、私はあんなにスプリントで走らなくてすんだのに・・・!

と、めっちゃ悔しかったので急ぎこのハイパー攻略ブログにて記事にさせていただきました。

皆さんも是非活用してみてください!

では今回はこの辺でー!



[この記事は参考になりましたか?]









はい。

まあというわけで、ほんと今更ではありますが、つい先日チョコボマウントを取ったんです私。

イフリートを倒して一週間は経ってた気がするのでマジに今更って感じだったんですが・・・。

フレンドのぺちさんに教えてもらってなかったら最悪ゲームクリアまで徒歩で通してた可能性おおいにありますからね。









Shiro Masiro 2018_03_17 15_52_04

<ぺちナビに親切にここまで案内されチョコボを受け取るハイパー攻略管理人>


チョコボにはなんと名前をつけることができます。これは愛着わきますね!

しかしだからこそ迷う!変な名前は絶対つけられない!

「あとで変えられるんだからとりあえずなんでもええやん」とか言ってる蛍原さん、正気ですか?

飼ってる犬にだいぶ経ってから「やっぱやーめた。お前は今日からポチじゃなくて邪皇帝ヴィンハルトⅢ世木村な」とか言う飼い主は存在しません。犬も困るし飼い主の愛着も全然違ってくるでしょやっぱー!



ということでかなり悩んだんですけど25秒くらい。

めでたく「ぺちょ」になりました。



説明しよう!
ぺちょとはその時一緒にいたぺちさんともらったチョコボ、ぺちチョコ、すなわちぺちょなのだ!







DYouxAbVwAEa3S9.jpg

ぺちょの加入は私の旅を劇的に進化させたといっても過言じゃありません。

なにせ永久にスプリントできるのと同義なわけですからね。

ありがとうぺちょ。ぺちょかわいいよぺちょ。べちょべちょしてそうだけど。









Shiro Masiro 2018_03_17 15_58_01

ぺちさんの二人乗りチョコボにもはじめてアイノリ!

おー!!これは素晴らしい!移動が楽だーーー!

こういうタクシー業プレイヤーさんたちの間で流行ってくれないかなー、町のチョコボ屋さんはとても便利なんですけどかゆいところに手が届かない感もあってもどかしい・・・!

そういう不便さも楽しいといえば楽しいんですけどねー。









Shiro Masiro 2018_03_17 16_05_22

あとこれ!!

アチーブメント報酬の取り方も教えていただきました!知りたい方は是非ぐぐってください(ハイパー!)

私はアチーブ交換でおじいさんから6円駄賃もらったんですけど、この手マウントがぴったし6円だったので交換しちゃいました!

いやいいですよねー、これ・・・。このなんともいえないシュール加減。

ただやっぱりこのマウントはララフェルが使うとき最大効果を発揮してると思います。あれはもはや卑怯の領域。

他にも沢山の報酬があって、アチーブメントとるぞー!というモチベになるのはすっごくいいなー!と思いました。










Shiro Masiro 2018_03_17 16_06_32

まだまだ私の知らないことばかりのエオルゼア。

これからもだらーんとゆるゆる楽しんでいこうと思いまーす。














ぺちょは戦闘にも参加してくれるらしいのですがまだクエスト発生条件を満たしていませんでした・・・。楽しみすぎゆ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ララフェルって好きだーーー!!!というノリだけで書いたお話。

皆さんはララフェル、という言葉を耳にしたことはあるだろうか。

主にアメリカ合衆国中西部を中心に、昔から人々の間でまことしやかに囁かれている伝承の存在・・・それがララフェルだ。

可愛らしい姿とイタズラ好きが特徴的な、我々にとって非常に小さな隣人・・・いわゆる妖精の一種だと考えられているが、その生態については未だ謎が多い。










Arm Masiro 2018_03_12 10_30_02

<イメージ映像>

全長90センチほどの小柄で、ずんぐりとした体型がどこか愛らしいこの生物。一説によれば見た者に幸福を与えるとされ、その存在についての議論は現代でも様々な物議を醸している。

確かに見たと声高らかに主張する人もいれば、そんなものは迷信だと鼻で笑う人もいるという。



彼らは本当に存在しているのか?



世界中で言い伝えられている妖精の噂について、興味深い話題は多い。

例えばミシガン州のアナーバーという街では、近年「妖精が住む場所」とされていて、街中を散策すればいたるところに備え付けられている彼ら専用の「小さな扉」を見ることが出来る。

妖精に出会える街・・・なんともメルヘンな話である。





しかし世界にはもっと凄い
妖精の噂が存在した!




そこで今晩のまる見えでは、伝説の妖精ララフェルについて、アメリカの人気ドキュメンタリー番組『頭の大きな妖精を見たことはある?』(looking for Lalafell!)からご覧いただき、かの存在の行方を追うことにした。








アメリカカリフォルニア州にある、エオルゼア地方。

なんと、ここは世界中でもっともララフェルの目撃情報が多いとされている場所なのだ。

さっそく彼らを見たという人に話を聞いてみた。








Shiro Masiro 2018_03_12 10_19_41

ここはエオルゼアでも有数の巨大テーマパーク、ゴールドソーサー。

一見我々の想像する妖精とは場違いにも思えるこの煌びやかな場所に、本当に彼らは現れるのだろうか。








9j8BjbTJ3ck1bby1520822311_1520822518.png

<ここで妖精を見たと主張する女性、ホワイティ(仮名)さん>


――ララフェルを見た?
「ええ、間違いありません」

――その時の様子を教えてください。
「はい、あれはつい先日のことでした・・・」








J8OASN6e9WFVftE1520822829_1520822844.jpg

「あーあ!また外れてしまったわ!もうメダルも少くないし・・・また買い足さなきゃ」


その日、私は今日もミニくじテンダーを外してしまい、メダルが底をついてしまったの。

これでメダルをギルで買うのは3度目。信じられる?つまり2回メダルを500枚近くから一桁にしたということよ。

これだけじゃないの、昔からやることなすこと私は不運ばかり。怠慢な神様はきっと寝ているのでしょうね。







PMdT7viSoFUBO4B1520823179_1520823221.jpg

日夜レベリングルーレットで稼いだお金が一瞬で半分もすっ飛ぶこの瞬間、何度体験しても憂鬱だわ。

そうして私は所持金の半数を失ったその足で、またミニくじテンダーへと向かったの。



――いえもう辞めたらよいのでは。
そのときよ!!信じられないことが起きたの!!!









OBLwIi87lkje7ZY1520823602_1520823632.jpg

「FOooooooooo! ファンタスティック!!!」


こんなことってある!?あの、歩けばその一歩先がマンホールと友達みんなから揶揄されていた私が、一万枚もメダルを獲得したのよ!!!

間違いない、これは私の傍に幸運の天使・・・ララフェルがいてくれたおかげだわ!!


――実際にご覧になったのですか?
シャアラップ!そして静かに!ケツの小さい男ね、黙って話も聞けないのホーリーシット!!
――急にえらいテンションあがりましたね・・・。








OBLwIi87lkje7ZY1520823602_1520824455.png

これがその時の会話記録よ。

私は一人でここに訪れていたはずなのに、その時確かにどこかから声が聞こえたの。

可愛らしく、可憐で、儚げな・・・本当に天使のような麗しい美声だったわ。


――草はやされてますけど。
シャァーラーップ!!!ララフェルへの侮辱は許さないわよ!!!ホワイトアームズロック!!!
――イタタタタタタタタタッ!!!






なんと、調子に乗ったレポーターが綺麗に腕を極められてしまった。
これには番組スタッフも思わず苦笑い。



すごい!
すごすぎるぞ!ホワイティ(仮名)
それにしてもこのホワイティ(仮名)、ノリノリである。まるで積年の恨みでもあるかのようだ。







6PFMGYyLNWJJAWw1520989843_1520989917.jpg

「もう二度と、ララフェルの悪口は言わないよ・・・」



なんとも間抜けなレポーター。
この後、あえなく御用となった。










番組を見て居ても立ってもいられなくなった我々は、すぐさまエオルゼアへと飛び、ララフェルの捜索を開始した。

しかし捜索開始から2ヶ月が経過しても、まるで有力情報すら掴むことはできなかった。







Shiro Masiro 2018_03_07 01_31_16

<捜索中の様子。皆さんにはララフェルが見えるだろうか?残念ながらスタッフは誰も視認することができなかった>


ララフェルがいるとされる場所なら墓場でさえ果敢に挑んだが、結果何の成果もなくあえなく撤収。

我々の努力むなしく、捜索は徒労に終わったのだった。









Shiro Masiro 2018_03_11 12_08_00

いくら探しても、ララフェルの姿は確認できない。

やはり彼らは、空想の産物でしかないのだろうか。



いや、彼らはきっとどこにだっているに違いない。

今日もまた私たちをどこかで見つめては、無邪気な顔で楽しそうに微笑んでいるのだろう。

もしララフェルを見たという貴方。貴方はきっと幸運の持ち主だ。ララフェルを見つけることができたら、私たちのかわりに手をふりかえしてほしい。

だって彼らは多分、今日もまたどこかで。










Shiro Masiro 2018_03_11 12_14_50

私たちを明るく迎えてくれているのだろうから。このエオルゼアで。
















当初考えていたオチとまったく違う場所に着地したでござるの巻。

いやでもねーーー!!ララフェルって本当好きなんですよーーーー!ちっこくて可愛いしララフェルのフレが一緒にいたらマジ急にくじ当たるようになったしマジマジ私のニルヴァーナーーー!

ってフレに言ったらそんなにララフェルが好きならララフェルの子になればいいじゃない!!っておかんみたいなこと言われたんですけどそうじゃないんだよなーー!



私がララフェルになったら、ララフェル=私ってことになって、ララフェルに私という不純物が混ざるじゃないすか!!それは真にララフェルを愛でることにはならないんだ・・・!

私はララフェルを愛でたいし頭撫でたいしなんなら親として見守りたいんですよ!!遠くで眺めながら「ふーん、あいつ頑張ってんじゃん」みたいな全然関係ないのに彼氏面奴ーーーをやりたいんです!!

私は私の頭を撫でることはできない、ゆえに私とララフェルの間はイコールではない!!!



Q.E.D.



以上です。よろしくお願いします。アウラもかなり好きです。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シロ、オンラインをおおいに堪能する。

今日も元気にインして「さてまずはなにやろーかなーー」とぼーっと街中に立っていると、なにやらTellが。






DYaOGY-VAAA8Y5B.jpg

お相手はフレンドのぺちさん。

かのセーターおようふく一式をくれたシオさんのフレンドからのつながり、すなわちフレンドのフレンド、でももう直接フレンドになったので結局は私のフレンドさん(長い)です。



かるーく世間話をしたあと、レベルレいきますかー!ということになって二人で申請して旅立ちました。

場所はサスタシャ洞窟。私としてもけっこう場数を踏んでいる馴染みのあるステージです。

この始めて二週間の私が馴染みがあるということは、私以外の方なんてそりゃあもう目をつぶっても行けるくらいに通い慣れた場所に違いありません。言ってしまえば少々マンネリみのあるダンジョン。



ですが私はいち早く気付きました。場を生成するこの多量のララ濃度・・・!

そう、私以外の三人が偶然にもララフェルさんだったのです!

テンション上がって喋りだす私。



まああのー普段日記のほうであんなにテンションの高い私ですから、さぞゲームの中でも騒がしいに違いないと思われてる方いらっしゃるかもしれませんが、私こう見えても小学校の成績表には「シロちゃんは歩くTPOですね」と太鼓判を押されるほどに場の空気を読むことに長けている人間なわけですよ。TPOといってもトッポじゃないですよ。

知らない人に話しかけられるのを苦手としている方も当然いらっしゃるわけですから、私が普段のノリで一人でマシンガントークしても場があったまるとは限らないわけですからね。むしろ急激に冷え込む見込み大。

なので普段のコンテンツファインダーでは我々人斬りと新撰組が唯一共有した正義「コンテンツのクリア」に向けて一致団結ただ黙々と戦闘をこなしていたわけですが、ララフェルが三人揃うというこの未曾有のテンパイにいてもたってもいられず点棒を差し出して声を上げてしまったというわけです。リーチせずにはいられない・・・!



最初は「やっべ!やっぱりダマで通すべきだったか・・・!」と焦ったのも束の間、三色ララフェルの一人が私のフレンドぺちさんだったので私だけが喋り捲るという最悪の展開にはならず、しかも他のお二人もけっこう話題に乗っかってくださって・・・さらになんと!四人全員がアレキワールドであることが判明!



その瞬間、行き慣れたはずのサスタシャの道中は、いっぺんして私とララフェルの遠足に早変わりしたのです!








VwCJgWWNdMIZ0981521205887_1521206049.png

正直楽しすぎてチャットに夢中だったので全然スクショ撮れてなかったんですけど、ラストのボスまでずっとお喋りしながら進んで、普段は行かないような寄り道をして捕まってる女の人たちを救出したり海賊の喧嘩を見守ったりと、今まで見てきたサスタシャとはまったく異なる景色を沢山見ることが出来ました。



しかもダンジョンを終えた後、ぺちさんと「今のめっちゃオンラインゲームぽかったねーー!」みたいな話をしていたら、なんとさっきご一緒したお二人ともからそれぞれTellをいただき、フレンドになることができました!

私とぺちさんはペアで組んでダンジョンに入ったわけですが、他のお二人はそれぞれお知り合いではない関係。

そのお二人からご連絡をいただいてそれぞれ各々がフレンドになってつながっていく・・・



うおおお!
なんかこれ、めっちゃオンラインゲームっぽくない!?




全然知らない人と冒険して道中で会話してフレンドになって別れる。
すっごく「それっぽい」体験!アニメとかゲームで見たことあるやつやー!

と、一人で興奮してしまいました。



オンラインゲームと聞いて想像するテンプレートな展開ですが、現実はそうそう「お話」のように誰もこれもが和気藹々としているわけじゃない。何故なら私たちはゲームの中にいるリアルな人間だからです。シナリオどおり動いてくれるキャラクターがいない世界、そうそう都合のいいことばかり起きるわけじゃない。

でもリアルな人間だからこそ、ふいに機会は訪れる。お話のように前兆もなければ伏線もなく、何が起きるのかまったく読めない・・・だからこそ面白い!

その点オンラインゲームってすげーよな、最後までチョコたっぷりだもん(TPO!!!)

筋書きのないドラマなんて言葉もありますが、まさしくオンラインゲームって人が作る脚本のないドラマなんだなあと思った一日でした。










DYaOXb7U0AEJVja.jpg

本編とまったく関係ないけどこのエモートの汎用性すっごく高いと思う。














ツモ。ララフェル三色ピンフドラドラで4億点オール(麻雀のルールまぅたく知らない勢)。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「初心者のギルは命より重い・・・ッ!と思った日。」のウラ。

はいどうもーーーっ!

皆さんはじめまして、オンラインゲーム初心者、ファイナルファンタジー初心者、魔法の習得も初心者でビンゴォ!!状態の私がシロと申します!

名前だけでも覚えて帰ってくれればなと思いますー!



ということでこの記事がブログでのはじめての記事になりますので例のごとくナメられないよう気合いれてみましたが如何でしょうか。

如何も春日もないと思いますが気にせずやっていこうと思います。



私普段はですね、ファイナルファンタジー14公式のプレイヤーサイトである「The Lodestone」という場所でエオルゼアの冒険日記などを書かせていただいておるわけなんですが。

そちらの日記執筆機能がまーーめちゃくちゃ充実してまして、本当はブログを開設する予定も最初はなくて、ここだけで十分じゃーーん!って思ってたんですが、なんやかんやあってこのようにブログを開設する運びになりました。

そのなんやかんやの一番大きな理由こそが、私がロドストに上げたこの「初心者のギルは命より重い・・・ッ!と思った日。」という記事なわけです。



この次の回でちょっとだけ触れてるのですが、いわゆる「バズった」現象がなんとこの私にも起きてしまったようで。

聞くところによると何やらTwitterのほうでどなたかのリツイートがなんかもうヤバヤバのヤバみたいな状態になってたとのことで、現在20000近い閲覧数に60ものコメント数という大変身に余る幸福を頂いてしまいました。ダイヘンシン!じゃないですよ、たいへん、みにあまることでございます。



この記事が特別他より数十倍面白かったとかそういうことではなく、勿論リツイートしてくださった皆さんのお力であることは言うまでもありません。この場を借りて今一度お礼申し上げます。

さて、そうして偶然にも沢山の皆様に見ていただける機会を頂いたことは、やっぱり日記を書く者としてはそりゃもう当然大変嬉しい事態でして、その日の当日は毎秒くらいの勢いでロドストを自分でF5更新してコメントをチェックするという酷い有様でした。

記事を書いている人は当たり前といえば当たり前なんですが、やっぱりコメントとPVという「反応」が何よりも一番嬉しいし、モチベにもなるし、次の日記を書こう!という励みになるんです。

普通にコメントいただくだけでもうおー!次も頑張って書くかー!!っていうモチベになるのに、いきなりコメントが50もきたらそりゃあもううおー!!!なんならブログも立ち上げちゃうかーーー!!!ってレベルに上がりますよそれはー!



まだまだゲームを始めて二週間満たない私ですが、ありがたいことに初期からフレンドさんもできて、とても楽しく旅を続けさせてもらっています。

オンラインゲームというものにも今回ではじめて触れたわけなんですが、正直もうメチャクチャハマってる感じです。

人と何かをする、それが剣と魔法のファンタジーで一緒に戦うってんですから、卑怯ですよね。面白くないハズがない!!



なのでせっかくなのでこの体験をプレイヤーサイトに乗っけるだけじゃなくて、できるだけ多くの人に見てもらいたい。

こういう楽しい世界もあるんだよー!って少しでも他の人におすそ分けしたい(おこがましいかもしれませんが。。。)

そういう思いでこのブログを立ち上げました。



といっても正直な話、この場所は基本的にはロドストに掲載した日記を転載する形になるだけかなーと思います。

こちらではロドスト記事を書いたときの心情やらネタの解説やら補足などの裏方的な部分を書いていく予定です。

あと私自身がTwitterをやってないので、かるーくツイートする感じの1枚画像と短い文章的な、その日起きた出来事なんかもあればこっちのほうに書いていきたいと思っています。

じゃあTwitterやればいいじゃんと思われるかもしれませんが、Twitterは現在フォローフォロワー0の鍵垢でPS4の画像をネットに上げる装置(そしてPCで拾ってブログに使う)として使っておりましてなかなか難しいのです・・・。

USBつけて外してまたつけて外しても面倒くさいんですよー!

そういう事情なので申し訳ありませんがご了承ください。






と、説明がめちょ長くなってしまってすみません!
さっそく本題の裏話に入っていこうと思います。


とはいえこの記事は本当に書いてることそのまんまでして、「店売りしたら自動でマーケットボードに並ぶに違いない」みたいな勘違いというか見切り発車が招いた悲劇・・・といったところでしょうか。

まさかあんな安値で買い叩かれるとは・・・普通のRPGじゃだいたい買値の半額が売値って相場が決まってる感じなので、これはかなりビビりました。オンラインゲームの洗礼というやつでしょうか。

全体的に店売りはとんでもなく安い値段に設定されてるみたいですね。





PnF9LoAcn6tI3oU1520193373_1520193409.jpg

でもこの画像よく見れば買い戻しできるってきっちり書かれてますし、私の注意散漫が招いた自業自得事件って感じです。









DYOB_JbVQAE-FOB.jpg

現在はちゃんとリテイナーさんも雇えるようになったのでマケボ活用させてもらってますよー!

もう店売りなんてバカなことはしませんとも。

ちなみにこの子はアムちゃん。アームズつまり各種レア装備を預かってもらっているうちの火薬庫です。ハイパーカワイイ。



この当時は29ギルまで落ちぶれた私ですが今はもう時が経ち、一人前のリッチ冒険者。

この前ついにギルが五桁に到達しましたのでお祝いのボイルドエッグを3個も食べたところです。

今後も節約には気をつかっていこうと思っています。








Shiro Masiro 2018_03_04 18_52_12





Shiro Masiro 2018_03_04 18_54_40

この2枚で服装が違ってたり、今思うとなんともまだまだ作りが浅い部分が恥ずかしい限りですね。

つまり後者のほうは日記の構成考えてから撮った後撮りなわけです。

こういうブログ執筆者特有の「記事のために後から写真を撮る」ってのも私はけっこう好きだったりします!



最後のオチが皆さんにご好評いただいたみたいで嬉しいです。

なかなか何回も使えるオチじゃないんですけど(飽きられちゃうんで)、皆さんが忘れた頃に天丼狙いたいと思います!




では今回はこの辺でー。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

友から寄せられた一通の手紙が、初心者を海へと駆り立てた・・・!

W99JPzQgMEB29C51520359223_1520359258.jpg

あのー、大変ありがたいことに、前回の記事のPVが好評につきカンストしちゃいまして

思わず笑っちゃったのでこの場で改めて感謝とお礼を申し上げたいと思います。

流石にここまで謎の爆発が起きることは今後ないと思うんですけど、私はマイペースに冒険と日記を続けていこうと思っておりますのでそこんとこヨロシクゥ!!です!





では本編ドゾー






その日私がきりもみ回転でインすると、なにやら早々にぴろーんという謎の音が。

正直よく分かってなかったので「怪奇現象かな?」と軽くスルーして冒険を進めてたんですけど、ふと気がついたら右上に手紙のマークと1という数字が!





sseR5xRFoocl7J71520359838_1520359923.png

手紙の主は先日というか昨日フレンドの契りを交わしたばかりのララフェルのシオさん。(内容の公開は許可を頂いております)

なんとなにやらよさげなおようふく一式と、ご親切にもオシャレへのアドバイス付き!!私が浮浪者みたいな格好で町を歩いていたものだから不憫に思って恵んでくださったに違いありません!



なんて心優しいララフェルなんだ・・・ララフェルに悪い子はいないよ。
ララフェルが悪事を働くとしたら、それはそこまでララフェルを追い詰めた人間の罪に違いない。



いや、まて。けれど相手のご好意にこんなに素直に甘えてもいいものなのだろうか・・・?

話に聞くに、こういう接待?みたいなことは他者からの印象を損ねるとものの本で読んだような気がする。
ネットゲーム初心者の私では判断しかねる・・・。Yahoo知恵袋で聞こう。



調べてみたところ、オンラインゲームで初心者に対する先輩たちのアドバイスや贈呈品は素直に受け取っておくといいという旨が記載されていたので、悩んだ結果ありがたく頂戴することにします。

知らない人から急に貰っても困るけどフレンドからの贈り物ですしね。大事に使わせてもらおう。








M4qMU4IBlHad8uu1520366800_1520366815.png

ありがとうございます丁重に扱わせていただきますとお手紙のお返事も出しておきました。

しかし私、自分で言うのもなんなんですが昨日出会った人にこんな手紙出して大丈夫なんでしょうか。いつのまにか気づいたらフレンド欄から名前が消えてるみたいなことになってたらどうしよう。







Shiro Masiro 2018_03_05 14_56_50

未来への不安に怯えながら、教えていただいたクエストを受けるためにベスパーペイ?にやって来ました。もちろん徒歩です。

よーしあれがクエストの受注場所だなー!





Shiro Masiro 2018_03_05 14_57_28

開幕罵倒される私。うるへー!!!だからこれからオシャレになるんじゃろがい!!

今から私が着こなすであろうシオ・コーディネイツ見て度肝抜かすんじゃないよ。なんたってあの、世界が誇るシオブランドだからね。シオブランドってディオブランドーに似てる。




しかし、なんでもそのオシャレ機能を教える前に喉が渇いたからオレンジジュースを寄越せとのご命令が。

はいはい、いわゆるお使いクエストね。RPGあるある~






Shiro Masiro 2018_03_05 14_58_16

ジュースはこの店で売ってるらしい。なーんだ簡単なクエストじゃん。

すんませーーーん、店員さん、ジーオレジューいっちょ・・・



・・・ハッ!?

そのときシロに電流走る。

このクエスト・・・あまりに不自然・・・理外の指定・・・!







Shiro Masiro 2018_03_05 14_58_58

オレンジジュースが売っている場所は、依頼者の目と鼻の先。自分で行ったほうが近そうな距離にある。

なぜそれをわざわざ見知らぬ冒険者に頼む・・・?

頼んだものと違うものが届けられる可能性、ジュースに何か仕込まれる可能性、そもそもお金を持ち逃げされる可能性・・・あまりにリスクの高すぎる選択・・・。

それをあえて指定した、ということはつまるところ・・



あの店はデコイ・・・!張子の虎・・・!
彼女の依頼「オレンジジュースを持ってきて」という言葉には言外の真意が隠されているのでは・・・!?



確か偉い人が言っていた、料理に対して「多い」というクレームは、その言葉の裏、本質には「まずい」という意味が含まれているのだと。だからその対応として「数を減らす」のは誤りで、常に相手が何を思ってこちらに要求しているのか、その真意を感じ取ることが必要なのだと・・・。



つまり、彼女の「オレンジジュースを持ってきて」という言葉の本質は、私のオシャレに対する本気が見たい、真にオシャレをする者の資格があるのかどうか、その器を試すということに他ならない・・・!!




やられた・・・してやられたよ、ゲームの開発者さんに。

あやうく目の前にぶら下がった死という名のエサに食いつくところだった。

よくよく考えてみれば至極当然、ミラージュプリズムなる明らかに名前がカッコイイ機能を教えてもらうクエストで、目の前の店にお使いにいくだけなんてあまりに虫がよすぎるもんね。



・・・という思考を0.5秒のうちに逡巡させた私の判断は早かった。

「オレンジジュースをとってきて頂戴」とどこか挑戦的に笑うスィルゲイルさんにむけて一言、

「一週間後、またここに来てください。本物のオレンジジュースをご馳走しますよ」

私はキメ顔でそう言った。






Shiro Masiro 2018_03_05 15_09_56

翌日、私は園芸師の資格をとった。

もちろん理由は究極のオレンジジュースを作るためである。

彼女の求める答え、それは私のクエストに対する本気。ならば食材からこだわらなくてはいけない。

市場で売っているオレンジなんてもっての他、新鮮で安全かつ納得のいくオレンジを自らの手で収穫する必要があるからだ。






Shiro Masiro 2018_03_05 15_18_18

もちろんずぶの素人の私がハチェットをすぐに握って真なるオレンジを採れるはずもない。

しかしそこで諦めるわけにはいかない。クエストを教えてもらったシオさんに報いるために、私はひたすら木々を伐採し続け己の腕と観察眼を養った。





Shiro Masiro 2018_03_05 15_24_35

そうした日々の果てに私は辿り着いた。最高の甘美が詰まった究極のオレンジ、ラノシアオレンジの収穫へと漕ぎ着けたのだ・・・!

この甘み、色、艶、そして収穫の時期。全てが申し分ない。これで食材は全て整った。






Shiro Masiro 2018_03_05 15_26_27

急ぎ私は調理師の門を叩く。休んでいる暇はない。なぜなら私は料理をしたことがないからだ。

でも一からやるしかないじゃないか・・・!

究極のオレンジジュースを作るため、私は決して歩みを止められない。

待っているスィルコイルさんに最高の柑橘系を届けるために。





Shiro Masiro 2018_03_05 15_30_04

調理の修行は熾烈を極めた。何度フライパンから直接味見をして舌を火傷したか分からない。

だがその度私の舌は洗練され、今ならマーガリンとバターの区別すら一瞬でできるほどに成長したのだった。







Shiro Masiro 2018_03_05 15_33_23

お待たせしました!!!今からお見せしましょう、究極のオレンジジュースを!

クエストを受けてから3日くらい経った日のド深夜、私は再びこの場所を訪れていた。手にはフライパンとラノシアオレンジを携えて。

律儀にもスゥイートタルトさんはまったく同じ場所で待っていてくれた。こんな真っ暗なのに。おうちないのかな?



そして目の前で調理にとりかかる私。

もはやプロ級と化した私の腕前にかかれば、フライパンでオレンジジュースを作ることすら不可能ではない。人智を超えた才能、そして連打という努力の果てに行き着いた極地・・・!



ついに私は至ったのだ・・・究極のオレンジジュースに!!
さあ、飲んでみてくださいスィルガイルさん。






2rsV9vz87K8DAA51520361935_1520364706.jpg

「なんちゅう・・・なんちゅうもんを食わせてくれたんや・・・これに比べたら山岡はんの鮎はカスや」


いえオレンジジュースです。








Shiro Masiro 2018_03_05 15_36_05

まあなにはともあれ、そんなこんなで無事に私のオレンジジュースが認められたみたいです!やったーー!!これで私もオシャレさんの仲間いりだーーー!






Shiro Masiro 2018_03_05 15_36_11

報酬にペンキと染色アイコンをもらってよーしこれで無事に装備に染色ができ染色!!!





え?
ミラージュプリズムは?


・・・・・・・。











Shiro Masiro 2018_03_05 15_39_55

えー、まあということで、無事にミラージュプリズムができるようになりました、とさ。

ちなみにこのクエストはNPCからジュースを預かるクエストなので自作はできませんでした。むしろ作らせて欲しかった私に。

なんだかえらく遠回りしてしまいましたが結果的にこのananの表紙を飾ってそうな私に変身できてとてもよかったと思います!!

シオさんおようふくありがとう!!!



















9j8BjbTJ3ck1bby1520822311_1520822518.png

<染色を試した結果とても腹をたてているシロ氏の図>









メタリックの市場価格マジでメタリック。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

初心者のギルは命より重い・・・ッ!と思った日。


3月4日某所、私は途方に暮れていました。







RplDNLAGXgUsgl21520187359_1520187398.jpg

所持金が2ギルだからです。





どうしてこんなことに。。。
今日ははじめてのフレンドもできて、かなり有頂天な人生を歩んでいたハズなのに。。。

何がいけなかったのか、原因を調査する必要があります。思い出してみましょうぽわわわーん







Shiro Masiro 2018_03_04 18_26_46

うおおおおおおおおっ!!!
ここが噂のゴールドソーサーかーーーー!めっちゃ広くない!?えっめっちゃ広くない!?

すっげええええ色々なミニゲームがある!!!ハチャメチャが押し寄せてきてるわこれーーー!泣いてる場合じゃないわーーー!!!






1iWcuRHufi3ST3Q1520193119_1520193141.jpg

ふむふむ、遊ぶにはコインが必要なんですね!
いっけねうっかりコイン換金するの忘れちゃってたテヘベロンガ!

すっませーーーん!店員さーーーん!いま3172ギルあるんでー!







EgbkZ967tCLyGJl1520192949_1520192998.jpg

317枚コインくださーーーーい







うーん。何がいけなかったっていうかまずテンションが高すぎたと思うの私。はじめてのフレンドができて浮かれちゃってたから・・・受っかれハチベエだったからつい・・・。

ついうっかりで所持金全額コインにしちゃってました

いやゲーセンならメダルかな?とにかくメダルのほうが所持枚数が多い状態になってしまった。ちなみにミニくじテンダーをやったらメダルも300枚からかなり増えて100枚くらいになりました。おわった。






zutV_56_Q7jn9XS1520189029_1520189053.jpg

テレポもできません。詰みました。

もはや私にできることは一生ゴールドソーサーで遊ぶことだけです。そんな暮らしも悪くない。

遊ぼう、今はただ現実を忘れるために。




そうして一時間くらい現実を忘れてひたすら3ポイントシュートをやり続けるという三井寿みたいな行為に没頭してたんですが全然入らなくていよいよメダルも底をついてきたのでこれはよくないと我に返りました。

そういえば来る時飛空艇乗ってきたじゃんと思い出して飛行船で帰ります。無料でした。ありがとうゴールドソーサー。







Shiro Masiro 2018_03_04 18_38_36

一時間ぶりくらいにウルダハに帰国した私が、その足で向かった場所。それはハローワークです。

やっぱり地に足つけて地道にこつこつ働かなきゃ人間は生きていけないんですよ。ゲーセンでゲームしながらそれらを改めて強く再認識しました。

冒険者とかあんなの勝手に自称してるだけの実質無職ですからね。社会の底辺です。



私は違う。手に職つけて資格を沢山取り、ゆくゆくはマイホームを建ててそこでララフェルを一人くらい養って静かな老後と穏やかな余生を過ごすんだ。

そのためにもまずはお金・・・何はなくともお金・・・ッ!







Shiro Masiro 2018_03_04 18_39_33

なんだかファンタジーの世界観を全否定してるような気はしましたが、これがファイナルなファンタジーかあと自分を納得させます。

なんかイメージで稼ぎがよさそうだったので彫金の世界に殴りこむことにしました。

でもこんなバイト感覚で乗り込んでやっていけるのでしょうか彫金って。








Shiro Masiro 2018_03_04 18_42_04

どうやら私が才ある者だったらしく、入ったその日にインゴットを作成しました。

トロフィーも取る。このゲームのトロコンする頃には私も立派な一軒家を持ち、ララフェルに囲まれた家族団欒のあたたかい様子を庭の墓から見守ってることでしょう。死んどるやないか!犬みたいな埋め方されてるし。







Shiro Masiro 2018_03_04 18_46_52

ともかく、私にやれることはひたすらインゴットを作り続けることだけです。

クエスト報酬で貰ったお金を全て石につぎ込み、無心になってインゴットを彫り続けます。そう私はただの無・・・一切の雑念を持たぬ高次元な存在へと自分を昇華させる・・・!

その頂きへと到達した私はもはやインゴットの神・・・!インゴットゴット・・・!!!








mrGdvOl945eSEzh1520193318_1520193345.jpg


そうして製造された28個のインゴット。これを売ればまあインゴットなんで総額100万ギルはくだらないでしょう!もろたで工藤!!!これで私も億万長者やー!

舞い込んでくる大金の使い方に夢を膨らませながら、私は両の腕にインゴットを抱えて全力疾走します。

もちろん向かうはウルダハの国際市場。








Shiro Masiro 2018_03_04 18_52_12

すいませーーーん!!
これ買い取りおねがいしまーーーーす!!!











PnF9LoAcn6tI3oU1520193373_1520193409.jpg

チャリーン








NcbPMIKm_zKUosZ1520192500_1520192519.jpg












Shiro Masiro 2018_03_04 18_54_40












6PFMGYyLNWJJAWw1520989843_1520989917.jpg
















ランキングボタンです!
面白かったら押してくださるとなんと!!この2ギルが!!
ビックリしないでくださいね奥さんこの2ギルが!!
なんとーーー!2ギルに増えます!!!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

きたよーーー!ふぁいふぁんじゅうよんにやってきたよーーー!

マッシロシロスケでておいてー!
でないと脊髄引き抜くぞー!!!







DXQf6_WVAAACv8I.jpg


はい!
というわけで脊髄引っこ抜かれたら歩くのとか困るので現れました!!

この私が皆さんご存知ぼんやりと日本のほうからやって来た眩き新星!!白き巴投げ術士マシロです!!!



あっ・・・皆さん大丈夫ですか引いてませんか。そうですかならよかった!

えーというわけでですね、ふぁいなるふぁんたじーじゅうよんを始めたという私のころ喜びをなんとか文章で示すために、あらん限りのテンションでお届けしてみたんですがどうでしょうか。



オンラインゲームってのやったことないんでナメられたらいけないですからね、ここはバシッと新人ながらも威厳を見せておかないとね、何かアニメで見たんですけどオンラインゲームってすぐ騙されて身ぐるみとか剥がされちゃうらしいんで、それはちょっと怖いんでテロには屈しないという態度を強く出していこうと思っています!



まだ始めたばかりなのですが序盤から旅の仲間も早速くわわり、順風満帆に進めています!

画像に映っているのが私の最初の仲間、ポケモンでいう御三家(色的にたぶん水ポケ)、かばんちゃん。

見てわかるとおり、めちゃくちゃ私に懐いてます。
常に私の話を真摯な対応で聞いてくれる良きパートナーです。



えっかばんちゃんいつまで私から目を背けているの?そこに何か興味深いものある?サーバルちゃんとか浮いてた?






DXQf-mNVMAAjOWO.jpg


いやー!素晴らしき絶景ですねこれは!かばんちゃんが見惚れるのも分かるこの・・・綺麗な鉛色!

かばんちゃんまって、私よりこのどんよりした空のが見ごたえある?そっちのが価値ある感じ?もっと興味もっていいよ私に。食べないから。






やーそんなわけで二人三脚なかよしの旅で冒険させてもらっております!!!
まだまだ何があるのか分からない道中ですが、ほどよく楽しんでいこかなと思います!

ふぁいふぁんってやったことないので(この呼び方が合っているのかも定かじゃありません。個人的にえふえふのほうが文字数少なくてすき)今後詰んだら日記書いて皆さんに助力あおごうと思います!



まーゆーても私けっこーゲーム上手いんでそんなに詰むことはないと思いますけどね!

昨日油を交換するクエストで場所が分からなくて詰んで止めましたけど、まあそのくらいです。

泣きながら地図の赤い円ぐるぐる回りました。範囲広くないですかあれ?ノブナガの円より広いもん。






それでは今回はこのへんで!失礼いたしました!











DXQgFA-UMAA0gH_.jpg


頑なに同じ景色を見ようとしないパートナー。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)