シロのエオルゼア。

「2018年06月」日時の記事

教皇閣下との謁見で学ぶ日本の謝罪風習。

決闘裁判でデュエルに勝ち、平和的勝利を収めた光の戦士ことご存知私。するとなんと教皇・・・すなわちイシュガルドの王様自ら私に会いたいと招待状を送ってきてくれました。もちろん断るわけにはいきません。何せこっちは教皇直属部隊の人間から顔に泥ふっかけられてるわけですからね。蒼天騎士とは、言ってしまえば教皇の手足に等しい存在。王の命令を忠実に実行する者たち。裏を返せば、彼らの行いは全て頭である教皇が指示した...

本日はお休み~!(´・ω・`)

すみません今日はたてこんでて記事お休みです~~!・・・という記事を上げるのも含めて、これまで五日くらいメインクエの流れをただただ追う日記を書いてきたわけなんですけども、やっぱりこう、読み返しててどうしても面白みに欠けるというか、惰性で書いてる感じが否めなくて、ちょっとブログを書くモチベが下がっているのも事実です。自分から言い出したことだけども、このまま続けて行っても本当にメインクエの話をおさらいし...

ジャッジメントデュエル・スタンバイ!

前回、我らが暁の最後のメンバー、アルフィノ君とタタルさんが揃って異端者容疑で告発されるという衝撃の事件が勃発。果たしてその真実はといえば、なんてことはなく光の戦士が活躍しまくるので「うぜーなアイツ、ちょっとヤキいれるか」ってことでフォルタン家が嫌いなゼーメル家が嫌がらせをしてきたということらしい。さすが貴族、嫌がらせのスケールもでっかいですね。他人の人生そのものを巻き込んでくるとは。その上自分たち...

ドラゴンと異端者とニートの罪とは。

意外にFF14できていません。あのーなんといいましょうか、開幕から愚痴みたいな形で申し訳ないんですけども。わたくしシロ・マシロ、ゆえあって今月から一ヶ月間人生初めてのニートをやらせてもらっているんですけども、皆さんイメージとして、ニートという存在にどういう印象を持っておられるでしょうか。一日ヒマしてるんだろうなとか、ずっとゲームできて羨ましい~とか、各々の視点で差異はありますが、全体的にはありあまる時...

イシュガルドの冒険感マシマシ具合の満足感。

ということで私のブログとしては珍しく開幕から画像を使うという気合の入れよう、お分かりいただきますでしょうか。今回は前回登場した伯爵の二人の息子にフォーカスをあてていきたいと思っております。まずは画像の次男坊、エマネランさんから。私はいつもエネマランと読んでいてゲーム中のボイスで間違いだと気付かされます。なおそのあともエネマランと読んでいます。台詞見て分かるとおり、「お調子者の次男坊」というテンプレ...

宗教大国イシュガルドに立つ!

皆さんお待たせいたしました。いよいよ!満を持して!バージョン3.0『蒼天のイシュガルド』の内容について踏み込んで行きたいと思います!前書きはこれまで散々語ってきたので今更必要ないですね、では早速入っていきましょう!その者は、わずかな友を伴い、やって来た・・・。伝説はこの書き出しから始まります。後にこれまで千年続いたイシュガルドとドラゴンの戦争を終わらせることとなる(らしい)、一人の英雄の物語。その序...

新たな相棒の吸引力たるや。

イシュガルドプレイ日記を書こう!という企画の元に始まったこの6月特番、今回で記念すべき二回目になるんですがいまだに記事の上ではイシュガルドに足を踏み入れていません。回想ばかりで総集編ばっかやってるアニメみたいなことになっています。このままでは名前倒れの企画倒れ。流石に今回はイシュガルドについて書かなくてはいけないでしょうねこれは。私の使命感も燃えています。ではあらためまして、えーっと昨日、6月3日日...

激動の『新生編』クリアを振り返る日記。

皆さんこんにちは。先日長きに渡る眠りから花京院のごとく蘇ったシロと申します。ちなみに別に花京院は蘇った経歴は特にないことを同時にお知らせしておきます。というわけで多忙のあまりしばらくブログを書いていなかった私ですが、一ヶ月という制約と誓約のもとにエンペラータイム(期間限定のニートタイム)を手に入れたのでFF14で遊びまわれることになったわけなんですけども。遊びまわる前に、1つの報告を皆さんに果たさなく...

6月1日のシロ。

人はいつ死ぬと思う・・・?とんでもない激務にみまわれ睡眠時間が普通に二時間とかだった時・・・違う何も食べる気がしなくて一日のエネルギー摂取がゆでたまご二個とかだった時・・・違う身体にエオルゼア分を何日もチャージしなかった時・・・違う!!!ブログを書かなくなった時さいやしょーみ全部死にますけどね!本当にキツかった・・・5月は・・・!やっている仕事から足を洗うのってこんなにタイヘンなんだなって、あらた...

Top