FC2ブログ

シロのエオルゼア。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

BEFORE「本日はお休み~!(´・ω・`)

2018 06/10

教皇閣下との謁見で学ぶ日本の謝罪風習。

ffxiv_20180604_163730.jpg

決闘裁判でデュエルに勝ち、平和的勝利を収めた光の戦士ことご存知私。

するとなんと教皇・・・すなわちイシュガルドの王様自ら私に会いたいと招待状を送ってきてくれました。

もちろん断るわけにはいきません。何せこっちは教皇直属部隊の人間から顔に泥ふっかけられてるわけですからね。

蒼天騎士とは、言ってしまえば教皇の手足に等しい存在。王の命令を忠実に実行する者たち。裏を返せば、彼らの行いは全て頭である教皇が指示したものと考えるのが筋となります。

普段そういう触れ込みで権力を傘に好き勝手しているのでしょうしね(今回告発してきた輩なんか特に)。





ffxiv_20180604_163753.jpg

・・・なので、裁判で民衆にどちらが正義かの判決が下った直後、いの一番に行動を起こしたというわけです。

「これは私の指示じゃない、部下が勝手にやったこと」と。政治家としては基本の立ち回りですよねー。まあ今回に関しては本当に部下の独断でしょうけどね。

それだけ光の戦士という存在を政治的な意味で敵のままにしておくことを重く考えている、という裏返しなのかもしれません。

当然これ、もしあっちが決闘裁判で勝ってたらこの面会はなかったと思います。今回分が悪いと見てすぐに侘びを入れてきた、ってところでしょう。

画像のような気さくな言動の裏では、国のトップらしい、政治的な駆け引きが行われていたのです。





ffxiv_20180604_163812.jpg

ここで中間管理職、つまり告発してきた騎士の直属の上司も場に呼んでいることも大きなポイント。

部下の不始末に社長と部長が揃って頭を下げることで、一種の禊を果たすわけです。日本もよくテレビでやってますよね。

しかし蒼天騎士団の(たぶん)団長、ゼフィランかっこいいなー!

こういういかにも!って感じの騎士団長嫌いじゃありません。背負ってる剣もイカすし鎧もサマになってる!





ffxiv_20180604_163854.jpg

そんでこっからの流れがまた超かっきーんですよねー!

「人払いを頼めるかの?」って言ったあと、ゼフィランが「し、しかし・・・!」と躊躇するわけです。

そりゃそうですよ、王様がこの国の人間でもない光の戦士と二人きりにさせてくれって言ってるわけです。護衛も全部外せと。

親衛隊の隊長として、容易く見過ごせることではないでしょう。





ffxiv_20180604_163859.jpg

そこでこの無言のカットイン!

わかってるなー、ベタベタな演出かもしれませんがこういうのがあるとボスとしての威厳が目に見えて映えるんですよね!

「ワシに二度、同じことを言わす気か?」ってやつです。勿論そういう台詞は一切なくて、ただ目で殺す。

これがかっこいいんです!無言の圧。





ffxiv_20180604_163904.jpg

そしてこの「人払いを!」という号令と仕草もめっちゃ好き。

この一連の流れというかシチュエーション、私の大好物です。私が体験した範囲では、全体的にイシュガルド編はファンタジー映画のような作りというか演出が濃くなっていて、テンプレファンタジーが好きな私にはたまりません・・・!

一瞬すぎてスクショ撮れなかったんですけど、ここで場から立ち去る時にアイメリクさんが私に目配せするんですよね。無言で。

これもかなり意味深な演出でドキドキさせられます。





ffxiv_20180604_164109.jpg

エオルゼアの真なる平和、ね・・・。

この直近でそれを掲げて瓦解していったグループを光の戦士は知っているのでなんとも言えませんが。

個人的には、世界のために!という思想は広すぎて危険だと思いますけどねー。構成員全員の「世界」に対する共通認識が絶対にブレてくるので。誰々個人のために、でさえその個人が望まない方法で無理やり叶えようとする人間がでてくるくらいなのに。





ffxiv_20180604_164256.jpg

教皇との謁見はこれにてつつがなく終了しました。

家に帰ってアルフィノ君に事情を話します。彼も私が上に書いたような感想を持ってくれたみたい。

とりあえずトップが頭を下げてきたので、これで異端者告発事件はめでたしめでたしということに「手打ち」になった・・・といったところでしょうかね!





前回の記事で書かせていただいたのですが、やはりメインクエを追うだけの記事だとどうしても面白く書けなくて、私の未熟さを改めて思い知った次第でして、たいへん申し訳ないのですが、連日更新とうたって早々に、不定期更新に戻させていただきたく思います。ビッグマウスでお恥ずかしい限りです。

例えどんなに短くても、やっぱり毎日書かれてる人って本当に凄いんだな~!って改めて尊敬させていただきました。

まず私の場合、今まで記事のネタ考えてるのが全て仕事中だったので、仕事してない今だとまったくいいネタが思い浮かばないという致命的欠陥があることも最近気付いたんですが・・・。

もしかしたら7月からのほうが記事更新多いまであるかもしれない。

そんなあまりに不安定な私のブログですが、よろしければ今後もご愛読のほうよろしくお願いします・・・!







イシュガルドはエレゼンばかり出てくるので私のエレゼン熱もかなり高まっています・・・!


この記事と関連する記事

教皇閣下との謁見で学ぶ日本の謝罪風習。

スレッドテーマ : 新生FF14エオルゼア ジャンル : オンラインゲーム

(1)TB(-)

BEFORE「本日はお休み~!(´・ω・`)

COMMENT

  • No.18 No title

    ここの会話でここまで考えてる人初めて見ましたw
    思い出してみると、確かに上手い作りですね~
    不定期更新になっちゃうみたいですが今後たびたび見させていただきます~

    投稿者:doge 2018/06/10 (日) 22:34

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。