「ララフェルって好きだーーー!!!というノリだけで書いたお話。」のウラ。

※この記事は「ララフェルって好きだーーー!!!というノリだけで書いたお話。」の制作秘話(?)的なお話です。









OBLwIi87lkje7ZY1520823602_1520823632.jpg

この回はですねー、ララフェルのフレであるシオさんとぺちさんとでパーチーを組んで遊んでたときに行ったゴールドソーサーで、私がはじめてミニくじテンダーを当てた日のことを書いた記事ですねー。

もうとにかくマッハ嬉しくて、これ絶対ララフェルのご利益だよーーー!!ララフェルってスゲーって記事を書こう!!!と思い立って構成を練り始めたんですが、できたものは「世界まる見えテレビ特捜部のパロディをやる」というなんでそこに至ったのかよくわからない記事に・・・。



私の悪いところでもあるんですが、記事書くときって細部を全然決めてないんですよねー。やりたいネタだけを幾つか思い浮かべてて、あとは書いてるときのノリでいいやみたいなそういうテンションで毎回書いてるので、気がついたら当初思ってたネタと全然違うことになってることが多いんです。

それが私の本来持ってる以上の面白さパワーを引き出すこともあるんですが、まあ単に暴走してるだけなのでたいていはよく分からないまま完することのほうが多くて、どっちかっていうとこれもその1つですね。



特に今回の記事は私がまる見えにわかだったこともあってあまりパロとしても似せれてない部分が強くて、個人的にはちょっと悔やんでる回でもあります。もうちょっと練れたらなーーー。

本当はゴールドソーサー編だけじゃなくて悪徳商人編とか色々作ってそこでまる見えのお約束「あえなく御用となった」のくだりをやりたかったんですけど、私がどうしてもネタを考えきれなくて結局ゴールドソーサー編に全部詰め込むという強引な手段で作ったのが構成が甘くなった原因かなと・・・反省している次第であります!



あとさらに言っちゃえば「まる見え」知らない人には本当に一切伝わらないネタだったので、そこも今後に活かそうと思ってます。全編パロディは諸刃の剣!

分かってたつもりでも、人間一度ひとつの「回答」に至ると、何故だかそれにやたら固執しちゃうもんなんですよねー。他の可能性を考えてみても、強引にさきほどの「回答」に正当性をこじつけてより正しいと思い込んじゃうもんなんです。



今回の記事はいい教訓になりました。おかげで以降のイフリートさんの記事や就職の記事は個人的にもけっこう気に入ってます!

やっぱりブログや日記は人の評価というより、まず自分が読んでて楽しいかどうか!というのが一番重要だと私は思うんですよねー、まる見え回は書いてたときパロディ再現にけっこう苦戦しててめちょ難産だったので、そういう場合はすっぱりネタを練り直したほうがいい!!と改めて実感しました。それでもけっこう好きですけどねこの回(親バカ)












Shiro Masiro 2018_03_11 12_14_50

なんだか私の反省文ばっかになってしまってますが、記事内容はともかくこの回で一番重要なのはこの最後二枚のスクショ。

見当違いのところを探すシロちゃんの後ろではかわゆいララフェルが手を振ってくれているというこの構図がオチだというのは決まってたんですが、偶然撮影できるようなものではありません。












DY2XRrZVQAAIiS3.jpg

なのでフレンドのシオさん人呼んでシオシオをお呼びたてして撮影を手伝っていただきました!真昼間に。

そこでグループポーズなる神々の偉大な恩恵を形にしたような機能を教えてもらって、二人が同時にエモートをするという一見難しいこの構図もチョー簡単に撮影できました!!すごくないですかオンラインゲーム!!時間さえも止められる!!!

そりゃ皆さんあんなにスゴイスクショをばんばんロドストに上げてるわけですよー。どんなお高い編集ソフト使ってるんだろうと思ってたらゲームについてたとは・・・!



おかげで構図はカンペキな写真が撮れたと思うんですけど、肝心のシオシオにピントがあってなくてララフェルがややボケるという痛恨のミスショット。

あれだけ機能が沢山ついてるから多分映ってるキャラクターごとへのピント設定とかありそうですが、なにせその日はじめて神から恩恵を授かったものでまだ使いこなせておらず・・・後から気付いてシオシオに申し訳なくなりました・・・。

でもこのスクショ自体ははじめてフレと一緒に協力して撮影したスクショということでかなり気に入ってて、このブログの看板にもさせていただいてます。ピントあってなくてもシオシオは可愛い!!












DY2XU0uUMAAefk0.jpg

そのあとはシオシオが沢山金でものを言わせた課金エモートやら面白エモートの数々を見せてくれたので、その鑑賞会に。

ララフェルはなんのエモートしても似合うし、同じエモートをやってもやっぱりララフェルにはかなわないなーと思っちゃう魔力がこの小さな体に宿っているんですよ・・・。ララフェルは神秘オブララフェルは奇跡。














DY2XYBXVoAEHLxm.jpg

さて、ララフェルのかわゆい死に様を見納めしながらこの記事を締めさせていただきたいとおもいます。

つまり結論としましては・・・





ララフェルって好きだーーー!!!









私のララフェル好きの原因の8割くらいはこの日のシオシオ鑑賞会シオ(←今年流行る語尾)。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)